プロフィールとご挨拶

                               (2014・5・26)
                             
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、および同大学を経て、1992年同大学大学院修士課程修了。これまでにピアノを雄倉恵子、二宮裕子、故井上直幸、高良芳枝、故エディット・ピヒト=アクセンフェルト、テオドール・パラスキヴェスコ、アレクサンダー・イェンナーの各氏に、室内楽を金昌国、岡山潔、菅沼準二の各氏に師事。
音楽に対して真摯に取り組み、自然な流れと美しい響き、そして説得力の強い表現を持ち味とする。レパートリーはバッハから現代まで幅広いが、中でも内容の奥深い作品の演奏には定評がある。
1994年より毎年プログラムを変えて東京で行っている自主企画のソロ・リサイタルは20回を超える。1997年より2000年まで東京芸術大学音楽学部の弦楽科伴奏助手を、2002年より2013年まで洗足学園高等学校音楽科の非常勤講師を勤める。リサイタルでの共演、音楽祭での公式伴奏者など室内楽、伴奏での活動も多く、又故ゲルハルト・ボッセ氏指揮の神戸市室内合奏団、九州交響楽団と協演するなど、多岐にわたって活躍している。好評を博した1997年のリサイタル(J.S.バッハのゴールトベルク変奏曲)のライブCDに続き、ライヴノーツ・レーベルより「ラ・ヴァルス」、「フランク:プレリュード、コラールとフーガ」がリリースされている。
2010年より作曲家・ピアニストの原田愛氏とピアノ・デュオを組み、2012年には異なるプログラムでの2日連続コンサートを東京で開催。年1回の定期公演に加え、フォルテピアノとモダンピアノの弾き比べコンサートなど、いろいろな世代と音楽を通して対話する事を大切に、各地で精力的に活動を続ける。
現在、洗足学園音楽大学の非常勤講師を勤める。
 



2004年10月15日に開設した、ピアニスト石田多紀乃のオフィシャル・サイトです。
いつしか開設してから10年弱経ち、日々の生活が忙しくなりながらも何とか定期的に更新しています。
「ひとりごと」では音楽について考えている事、演奏活動のご報告、はたまた日々の何気ない出来事などを随時書き綴っていきます。
「コンサート情報」には、ピアノ・ソロ、ピアノ・デュオ、室内楽など、コンサートの予定を掲載しています。お時間ご興味おありでしたらぜひお出掛け下さい。
サイトをご覧になった感想など、よろしかったらお寄せ下さい。又リンクは基本的に自由にして頂いて結構ですが、メールでお知らせ頂けたらと思います。
どうぞよろしくお願い致します。
                                             石田多紀乃


 ホームへ 

ピアニスト石田多紀乃 オフィシャル・サイト
http://takinoishida.com
メールアドレス mail@takinoishida.com
本サイトの内容の無断転載・複製は固くお断り致します。
Copyright (c) 2004-2015 Takino Ishida
All Rights reserved.